リネン糸とガラスケース

e0122400_18374217.jpg
e0122400_18382644.jpg

[Billet] より、京都の手紡ぎ糸屋さん、「AVRIL」のリネン糸と専用のガラスケース。
この素敵な佇まいに、思わず一目惚れで入荷です。

上に開いた穴から糸をスルスルと引き出せば、編み物に、ラッピングにと作業もはかどります。
リネン糸もかなりの巻きがあるので、編み物に使ってもいろんな作品が出来上がりそうですよ。
ガラスには 「finesse(フィネス:繊細で上質な)」の文字が・・・。
糸がなくなっても、お手持ちの毛糸玉や紐などを入れて使えます。

「どうしても必要!」という物ではないですが、こういう贅沢も時にはいいのでは?
既に一つ、とても素敵なお客様の元に旅立っていきました。

これを見ると、『星の王子さま』に出てくるバラの花を思い出すのは私だけでしょうか・・・?
[PR]
by petite-b | 2008-06-07 18:39 | 新着情報! | Comments(1)
Commented at 2008-06-07 23:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< デッドストック・プラドイリー [Billet] メモ帳革カバー >>