秋の夜長... 読書とタティングレース

e0122400_20432117.jpge0122400_20335257.jpg
e0122400_20342271.jpg







最近始めたタティイングレース。 

シャトルという専用の道具を使って糸を絡ませながら、いろんなモチーフを作っていきます。
糸の色や太さで、同じ形でも全く違う印象になったりします。

私は専らアクセサリーのパーツとして使うことが多いのだけど、ストールやドイリーなど、
大きな物にもいずれチャレンジしてみようかな・・・。



最近久しぶりに雑誌以外の本を読んだ。

堀井和子さんの 「朝ごはんの空気を見つけにいく」。

堀井さんのまわりの人の様々な朝食の風景を写真と共に紹介してある。
さすがにお洒落な朝食風景ばかり・・・。
もっと日々丁寧に過ごさねばとちょっと反省・・・。

それから、片桐はいりさんの 「わたしのマトカ」 「グアテマラの弟」。

個性的な風貌と演技力で大好きな女優さんが書き下ろしたエッセイとくれば、読まないわけにはいきません。

「わたしのマトカ」は、映画「かもめ食堂」のロケで滞在したフィンランドでの撮影中のエピソードや
撮影終了後に一人で居残りステイした時のことが綴ってあります。
飄々とした語り口調だけど、ご本人の表情や様子が手に取るように想像でき、思わず笑ってしまいます。

「グアテマラの弟」は、グアテマラで家族を持ち、永住することに決めた実の弟さんを訪ねる旅の様子。
遠い南米の地でたくましく生きる弟と、大都会東京で生活している姉。
考え方や生活習慣の違いに戸惑いながらも、何でも楽しんでしまえる はいりさん。
この姉にしてこの弟ありと、妙に納得してしまいます。
どちらも思わず笑ってしまうようなハプニングがたくさんあり、この人にはきっと笑いの神様がついてるんだと思います。

なんだか旅に出たくなってきたな~。


秋の夜長、みなさんは何をしてお過ごしでしょう・・・?

e0122400_21253310.jpg

[PR]
by petite-b | 2007-10-19 21:36 | お気に入り
<< イベントのお知らせ 下手の横好き >>